トップ / 水素水のお風呂の効果とは

水素水の活用法は

水素水のお風呂の効果とは

水素水のお風呂でお肌ケア

飲んだり、スキンケアに活用したりすることで、活性酸素が過剰に発生することによって起こる病気や老化などの症状を予防・改善することができる水素水ですが、実は水素水風呂として活用するとさらに効果的に肌ケアができます。

水素水風呂とは水素水を浴槽に入れたお風呂のことで、皮膚から水素水を吸収できる方法です。水素水風呂には幾つかの種類があります。電気分解することで水素を発生させて水素水を作るものやマグネシウムなどの専用の粉末をお風呂の水に溶かして水素水を作るもの、圧力をかけて水に水素ガスを注入するものがあります。

それぞれにメリット、デメリットがあり、自分の予算や生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。電気分解することで水素を発生させる機器を使う場合は、初期費用が掛かりますが、それ以外は費用が掛かりません。

専用の入浴剤を入れて水素水風呂にする場合は、水素水風呂を作るたびにコストがかかります。水素ガスがお風呂内部に広がり吸入によって体内に取り込むこともできます。また、投入直後よりも投入後数時間経ってからの方が、水素濃度が高くなり、その効果を長時間維持することができます。

水素水を体全体の皮膚から吸収することで、肌の深部にまで浸透し、肌の深部に発生し蓄積された活性酸素を除去します。そのため、肌のターンオーバーが促進され、くすみやたるみ、シミ、シワ、乾燥、ニキビなどの肌トラブルを改善してくれます。

また、血行も促進されるため冷え性の緩和や疲労回復、さらには代謝が促進されることからダイエット効果も期待できます。皮膚の疾患にも効果が期待できるため、医療機関の中には皮膚疾患の治療に水素水風呂を取り入れているところもあります。