トップ / 水素水はペットにも飲ませよう

水素水の活用法は

水素水はペットにも飲ませよう

水素水でペットの健康管理

ペットの死因の70%以上がガンや心臓病、腎臓病と言われています。その原因の一つにはやはり人間と同じく体内に過剰に発生する活性酸素が挙げられます。ペットの健康管理をしてあげることも飼い主にとっては大切な務めです。

活性酸素を除去するために水素水を愛飲している方が増えていますが、実は水素水はペットの健康維持やストレス解消などにも効果があることが分かっています。例えば、腎臓病の猫が水素水を飲むことで腎臓の数値が下がり、食欲もでたと言うケースや水素水をイヌの皮膚にかけてあげたら皮膚炎が改善したというケースが実際にありました。

さらに、疾患の改善だけでなく、ペットの体臭や尿臭が改善されたり、毛のツヤが良くなったり、老犬が元気を回復したと言う報告もあります。これらは水素水の持つ活性酸素除去作用が関係しているものと思われます。

水素水を飲んだり、皮膚にかけられたりすることで、ペットの体の中に取り込まれた水素は、ガンや心臓病、腎臓病などの要因となる活性酸素を無害な水に換えて体外に排出します。そして、新陳代謝も促進され、皮膚疾患や歯槽膿漏、消化器官の不調など、ペットのあらゆる不調を改善してくれます。

ペットに水素水を与える際は安全な製品であることを確認してから与えるようにしましょう。ペットは体が小さく添加物などの影響を人間よりも強く受けてしまいます。また、ペットに与える場合は、ナトリウムの含まれたものやミネラルが含まれたものは避けるようにし、手に入るようであれば、ペット用の水素水を与えるようにしましょう。